単発・短期バイト求人【大学生アルバイト.com】 ≫ アルバイトガイド  ≫ 面接の流れ

★バイトデビューの大学生必見★
面接の流れを把握しよう

はじめて面接を行う方は、【面接】と一言でいっても、どんな流れで何を行えばいいのかもわからず、不安でいっぱいだとおもいます。まずは、面接の一連の流れをつかんで、自分が面接を受けるときのことをイメージしてみましょう!
面接は、会場に着いたところからスタートしています。面接官の前にいるときだけしっかり見せればOKということはありません。社会人の一員として、マナーを持った行動を心がけましょう。

Question

はじめての面接。
具体的にどういう流れで面接するの?

Answer

【面接会場に向かおう】

約束の時間の5分前程度に到着することが理想です。
遅刻はもちろん厳禁ですが、早く着きすぎても担当者が他の業務についていたり、待合室が空いていないなど、相手にプレッシャーを与えてしまうことがあるので注意しましょう。

sample

【面接会場到着】

社内に入る前に、コート等を着用している場合は脱いでおきましょう。携帯の電源もこの時点で切っておくのがベストです。
その後、受付に出向いてしっかり挨拶をしましょう。「おはようございます。○時から□□様(面接担当者)と面接のお約束をさせて頂いております、△△(自分の名前)と申します。」としっかり、来社の目的と自分の名前を伝えましょう。

sample

【控え室〜面接会場入室】

面接を行う際、面接会場と控え室が別に設けられている場合と、最初から面接会場に通される場合とがあります。
いずれの場合も、面接スタートを待っている間に携帯電話を使用したり、食事を取るのはNGです。履歴書を手元に用意して、面接担当者を待ちましょう。

■面接会場と控え室が異なる場合

控え室に係りの方が迎えにいらしてくださる場合がほとんどです。案内に従って、面接会場に向かいましょう。
面接会場についたら、ドアをノックして「お入りください」と指示があってから、「失礼致します」と言葉を添えて入室します。
入室したら、スグに椅子に座るのではなく、「△△(自分の名前)と申します。宜しくお願い致します。」と挨拶・一礼し、面接担当者から「お掛けください」とお声掛け頂いてから着席してください。

■控え室と面接会場が同一の場合

面接担当者がいらしたら、席を立ち、「△△(自分の名前)と申します。宜しくお願い致します。」と挨拶・一礼し、面接担当者から「お掛けください」とお声掛け頂いてから着席してください。

sample

【面接スタート】

着席したら、いよいよ面接スタートです。背もたれにもたれかかったり、足・腕を組んだり、頬杖を付いたりすることはNGです。姿勢を正して、腰掛けましょう。
また、面接中は常に面接担当者の目を見て受け答えするようにしましょう!目を合わせていないと、自分に自信がないように見えてマイナス評価につながるので、注意しましょう。
どうしても、目を見て話すことが恥ずかしいという方は、担当者の額のあたりを見ていると、ちゃんと目を見ているように見えますよ♪ また、面接担当者と話すときは、しっかり敬語を使うようにしましょう。敬語が苦手な場合でも、丁寧な言葉遣いをするように心がけることが大切です。タメ口を使ったり、何か質問されてもずっと黙っていることはNGですよ。

sample

【退室】

「以上で面接終了です」と言われたら、椅子の横に立ち、「ありがとうございました」と挨拶・一礼しましょう。部屋を出るときは、一度面接官側を向いて「失礼致します」と一礼してから退室してください。
また、面接中に結果の通知日を言われていなかった場合は、面接終了前に質疑応答の時間がありますので、そこで質問しておくとよいでしょう。

以上で面接終了です!あとは自分を信じて、結果を待ちましょう!!

Answer

まだ、アルバイトが決まっていない方にオススメ★
【大学生アルバイト.com】であなたにピッタリのバイトを見つけよう!!
〜大学生に人気のアルバイト特集〜

単発・短期バイト求人【大学生アルバイト.com】 ≫ アルバイトガイド  ≫ 面接の流れ

バイト/短期バイト/インターン情報を主要都市から探す
新宿 渋谷 池袋 新橋 上野  吉祥寺 立川 八王子 町田 横浜 川崎  札幌 仙台 名古屋
豊田 岡崎 静岡 浜松  大阪 神戸 豊中 吹田  高槻 枚方  茨木 福岡 北九州